に投稿 コメントを残す

3.11

こんにちは、モギコです。

「あの日」から10年です。
毎年、毎年、思い出します。
そして、今もなお故郷に帰れない、元の暮らしを求めても叶わない人に思いを馳せます。

地震、津波もさることながら原発事故からしばらく、すごい恐怖の中で過ごしました。
生後50日にも満たない子どもを抱え、この小さな細胞に何がどう影響するのかをすごい不安に感じたあの感覚を、今でもすぐに思い出せます。
私の食べるものが、この子の未来に大きく作用する。
そう思うと、食べられなくなったいくつかのもの。

そういう恐怖を持ち合わせる社会の仕組みにものすごい違和感を覚えました。

震災直後の原発の事故があったから、エネルギーの供給の不自然さに気づきました。
誰かに負担をおっかぶせて、自分の生活を成り立たせたくない、というところにたどり着きました。

社会情勢に左右されず、揺るがされず、私は私の信じる道を歩きたい。その為にはいろんな自立している必要があります。現代社会は依存の仕組みを作り上げました。〇〇がないと生活できない、と思うものからまず自由になっていく。生きるためのエネルギーを自給することはそのための手段の一つだと考えています。
へっへーんだ、そんなのなくてもわたしは大丈夫だもんね!と、どんだけ言えるかです。

エネルギーの問題だけでなく、社会の在り方なども。

・コミュニティの在り方
・エネルギーのこと
・命を守ること
・負担のかけ方
・パートナシップ
・お金との付き合い方

こんなことを子どもたちと話す日にしています。

少しでもいい方向にむくといいな、と。
今、進む方向をほんのわずかでも角度を変えれば、未来のたどり着く先はとてつもなく変わってくる。

みんながハッピーなあり方を本気で考えています。
いつも幸福感に包まれた暮らしや生き方を誰もができる社会を求めています。

そのために、今の自分にできること。
一つでも多く実践すること。

今だけ、自分だけ はもうやめて
未来のこと、周りのこと に目をむけて生きていきます。

今ある日常を懐かしい光景にしないように。
よりよい未来を


モギコでした。

に投稿 コメントを残す

4年経ちました。


こんにちは、モギコです。
1月29日、電気を買わない暮らしになって丸4年を迎えました。

電気を買わないくらし記念すべき5年目の朝は停電しましたー😅
昨日の夜、どうかなーとは思ったのですが、
天気予報の早朝の最低温度が4℃だったのでOK👌判断したのがまずかった。
雪だるまちゃんバッチリ点灯して夜間に盛大に電気を使っていました。
凍結防止ヒーターとの付き合い方も慣れては来ましたが。。。

本日は晴れ予報。日の出が早くなってきたので、もう少ししたら発電始まるはず。
我が家の必須アイテム充電式照明が大活躍。
日常的にデスクスタンドとして使ってます。

今日も
おひさまありがたや〜 という心を忘れずに過ごしたいと思います。

4年前に考えたこと。

この根本は今も変わってないです。

そもそもの話

では、また。

に投稿 コメントを残す

ワンシーズンの米作りを通して考えたこと ①

こんにちは。モギコです。

先日しめ縄を作りました。
初めて参加したマイ田んぼの一環です。
米つくりのプログラムとしてはひと段落です。

米を作った稲藁でしめ縄を作り五穀豊穣を願う。
身体のエネルギーと、信仰心までまかなってしまう
見事な循環の仕組みです。

米作りのプログラムは SOSA PROJECT という団体がやってる
マイ田んぼというのに参加してやりました。

年間4万円弱払って、田んぼを借りて米つくりを体験しました。
田んぼの周辺の管理やレクチャーはやってくれるけど
田んぼの中の面倒は基本的に自分で見る、というシステムです。

割と本気で「自分の食べ物が買えなくなる日が近い」と思っていて
それもあって「自分で作れるようになっておきたい」と
そんなことも考えていたのでした。

緊急事態宣言が出て、今年は多分旅行も帰省もないなー(私は気にしないけどオットが気にする)
というのもあって、安くはない4万円を払ってみました。

この4万円は結構ポイントかも。

春先に田植えをして夏に稲の花が咲くまで草取りに通いました。
2週に一回くらい、1時間くらいかけて田んぼに通ったわけです。

続く

モギコでした。