に投稿 コメントを残す

今年もあとわずか

姑を送ることで始まった2020年でした。

大好きだったかあちゃん。
私をお嫁さんにしてくれてありがとう。
いつも笑っていたかあちゃん。

思い出の中には笑顔が残っているって誰もが言ってた人でした。
コロナ騒動の前だったから、みんなでお別れができたのはせめてもの幸い。

思い出してはやっぱり悲しくてやるせない時間も多かった。
もうすぐ一年。今は思い出すのは楽しかったことが増えてきた。
相変わらず毎日ドタバタで、静かに向き合うこともなかなかないけど、
ふとした時に思い出すのがあやちゃん、がんばれがんばれって言うあの声ね。

かあちゃんも、そう言って自分を奮い立たせていたのだろう。
ほんとうに良くしてくれて、私がこの地でやっていけてるのはかあちゃんのおかげが大きかったよ。

大晦日のごはんをオット実家で食べて挨拶をしてきて、ゆっくり年越し。
オットは出かけていったけど。家族のかたちも変わっていく。
私の幸せはここにあるなぁと噛み締める時間。

動きが制限されるからこそ、広がった出会いも多い年でした。
リアルな体験とオンラインでの体験、どちらも大切でした。

静かに幸せな年の瀬を過ごせていることに感謝です。
ありがとうございました。来る年も笑いの多い年となりますように。
良い新年をお迎え下さい。

に投稿 コメントを残す

クリスマスにいろいろ考えた

ローストチキンを焼きました。

こんにちは、モギコです。

いろんな事を考えた去年のクリスマス。

http://mogicolabo.com/2019/12/25/113400

から、一年。よる年並みにあらがえず…と、言うか娘ふたりから『みんなが夜にあつ森で待ち合わせをしていて、その話ばっかりですごくつまらない』と言う、涙の訴えがしこたま響いた。

そうそう、幼い頃何がしんどかったって、同じ話題に乗れなかったこと。
友だちがいないとかそう言うのではなく、リアルタイムでその話ができないのは辛かった。という事を思い出した。
何度もこの時期に思う、子育ては信念とリベンジが入り混じる。

ティーネイジャーになった息子には、サンタから卒業の手紙を。
要約すると、おまえもうおっきなったからええやろ、と。
朝、枕元にプレゼントがなくてちょっと寂しそうだったので、
かねてから買ってきてよと言われていた「どん兵衛鬼かき揚げ」を買って帰ったらたいそう喜ばれた。
ここ最近で見た一番の笑顔だった。

娘二人には合同で、ゲームとソフトをセットで。
次女(小2)はもう嬉しくて飛び回っている。
長女(小4)は、やっぱり…という顔でそれでも嬉しそうにしている。
母としては、モノをあげたと言うよりはコミュニティに参加する状態をあげた、つもり。
金額だけを見ていたら、そんな高価なモノを子どもに与えるもんじゃない、と思ってしまうけど、金額の大小が全てではないのだった。そうだった。
相変わらず所有権は父親で子ども達はゲームをする権利を手にする。

楽しい時間をみんなで過ごしてくれるならいいのかな。

支払いはカードなので、明細が来たときに慄くかもしれないモギコでした。

に投稿 コメントを残す

おかあサンタの悩み

こんにちは。モギコです。

そろそろ息子の欲しいものとおかあサンタのあげたいものが、合致しなくなってきた。
息子はひたすらにゲームを熱望。
おかあサンタはそのゲームを与えるなら、息子と一度きちんと話さなければならない、と思っていてサンタのプレゼント全然決まらない。
近日中にゲーム本体を買うことになりそうなので、おかあサンタ的おもしろプレゼントを選んだ。

娘たちはまだ朝のプレゼントキラキラして開ける。
中身よりも「ある」事で割と満足。ちょっと好きなものだと嬉しい。息子、欲しい!と思ったものじゃないので嬉しくない。

この、サンタ劇場も息子氏には今年で終わりだなぁと思った次第。

子どものキラキラのために、とは思うけど、なんでも良いわけではない。
親の思惑が当然はたらくし、サンタに頼めばなんでも欲しいものがもらえるわけではない。
そもそもお菓子もおもちゃも有り余るほどに持っていて、いろんなところでもらうので、特別感と言うのがあまりない。

子どもにとっての特別ってなんだろう?

金額がどうこうって言うより、なんかテキトーなおもちゃを買って、その一瞬間だけキラキラさせるのがクリスマスなのか?と思うと、どうしても買うことができなかったいくつかのもの。
自分が母になって、母の気持ちがよく分かる。

高学年にとってのクリスマスってなに?

自分なりの答えをきちんと持ててなかったことに反省。
必要なものは過不足なく買い与え、他になにを求めるんだろう?誕生日もあって、中学入学のお祝いもあって、クリスマスが入り込む余地がないんだけど。

欲しいのはあっちだろうなーと思いながら買うプレゼントは、私にとってももらう息子にとっても当然だけど辛かった。
クスッとして欲しかったんだけどね。

サンタの卒業をどうするか、今の悩み。

モギコでした。

に投稿 コメントを残す

大型連休は出かけずに、好きな家事に没頭する。その1

こんにちは、モギコです。

今年のゴールデンウィークは超大型連休!で世間は盛り上がってましたね。
我が家は、泊まりで出かけることはせず、ちょっと長いお休みを堪能しました。

家事が嫌い、と言ってますが
「やりたくない家事」が嫌いなだけで、家が整っていくことは好きなのです。
長い休みは、大掛かりな家事には最適。
ずっと家にいれるので、じっくり取り組める。
とは言え、子どもたちもいるので中断しながらにはなりますが。

普段は会社へ行って仕事をしますので
なかなか家の事をじっくりできないのです。
日常を回すのに精いっぱい。
普段の休日は、自分の休養と楽しい計画を入れるのみ。
こういう長い休みはまとまった家事ができるので嬉しい。
やりたいことをやっているので楽しいです。

やったこと、その1
デスクスペースの組み替え。
下の娘が小学校に上がり、子どものアイテムが変わってきました。
年度替わりは生活に慣れるのにいっぱいいっぱいで家を整える余裕はない。なかった。
そこは無理せずに、後回しにしておきました。

それをこの休みにまとめてやりました。

f:id:hanapeko8:20190523105617j:image
このスペースのゴチャゴチャを

f:id:hanapeko8:20190523105610j:image
一旦全部出して

f:id:hanapeko8:20190523105620j:image
組なおし。

f:id:hanapeko8:20190523105606j:image
この足元の高さを一つあげました。これがポイントで

f:id:hanapeko8:20190523105614j:image
ルンバが入っていける!
棚の下にホコリや細々したものが溜まっていくのがずっと気になっていて
それが解消できてスッキリ!

この棚は、結婚した時にまとめて買ってずっと組みなおして使っています。
実家にあったのは、もっともっと前に買ったもの。

新しい何かを購入することも検討しましたが
今あるものが使いやすく、汎用性が高い、家じゅうこのモジュールで動いている
という事で、現状のモノを補充することで納めました。

実家に余っていた無印のパイン棚。送料をかけて送ってもらいました。
以前の型のモノでもう売ってないのです。
棚の高さの調整が現行品よりかなり細かくできるのです。

ちなみに、元あった低い方の製品はクローゼットルームに持って行って組みなおしました。
床置きになってたものが、棚に乗せられるようになって
これまたスッキリしました。

一度やってしまえば、日々がうまく回るようになります。
こういうことを考えてやってみるのは楽しいです。
そして、大がかりな仕掛けを一つやってスッキリすると
脳内が片付けモードになって勢いがつくので、
連休の後もちょこちょこ合間を見つけて片づけるようになります。

気持ちのいい家で過ごすと、自分自身もきちんとリセットされて
家が『安心とくつろぎ』の場になってるなーとヒシヒシ感じます。

ハッピー!って思って笑ってる時間を増やしたいのです。

モギコでした。

《昨日の晩ごはん》
・鶏ハム
・冷やしトマト
・小松菜とエリンギの塩蒸し

に投稿 コメントを残す

天気が悪い日が続きます。電気がないときの過ごし方

こんにちは、雨の休日のモギコです。

 

子どもの習い事もなく、のんびり日曜日。
今週は家でゆっくり過ごすつもりです。
た、だ、雨がしばらく続きそう。
3日の雨は別に問題なく普通に過ごせますが、さすがに1週間晴れ間がないとなると、過ごし方が変わります。

続きを読む 天気が悪い日が続きます。電気がないときの過ごし方