に投稿 コメントを残す

今年もあとわずか

姑を送ることで始まった2020年でした。

大好きだったかあちゃん。
私をお嫁さんにしてくれてありがとう。
いつも笑っていたかあちゃん。

思い出の中には笑顔が残っているって誰もが言ってた人でした。
コロナ騒動の前だったから、みんなでお別れができたのはせめてもの幸い。

思い出してはやっぱり悲しくてやるせない時間も多かった。
もうすぐ一年。今は思い出すのは楽しかったことが増えてきた。
相変わらず毎日ドタバタで、静かに向き合うこともなかなかないけど、
ふとした時に思い出すのがあやちゃん、がんばれがんばれって言うあの声ね。

かあちゃんも、そう言って自分を奮い立たせていたのだろう。
ほんとうに良くしてくれて、私がこの地でやっていけてるのはかあちゃんのおかげが大きかったよ。

大晦日のごはんをオット実家で食べて挨拶をしてきて、ゆっくり年越し。
オットは出かけていったけど。家族のかたちも変わっていく。
私の幸せはここにあるなぁと噛み締める時間。

動きが制限されるからこそ、広がった出会いも多い年でした。
リアルな体験とオンラインでの体験、どちらも大切でした。

静かに幸せな年の瀬を過ごせていることに感謝です。
ありがとうございました。来る年も笑いの多い年となりますように。
良い新年をお迎え下さい。

に投稿 コメントを残す

クリスマスにいろいろ考えた

ローストチキンを焼きました。

こんにちは、モギコです。

いろんな事を考えた去年のクリスマス。

http://mogicolabo.com/2019/12/25/113400

から、一年。よる年並みにあらがえず…と、言うか娘ふたりから『みんなが夜にあつ森で待ち合わせをしていて、その話ばっかりですごくつまらない』と言う、涙の訴えがしこたま響いた。

そうそう、幼い頃何がしんどかったって、同じ話題に乗れなかったこと。
友だちがいないとかそう言うのではなく、リアルタイムでその話ができないのは辛かった。という事を思い出した。
何度もこの時期に思う、子育ては信念とリベンジが入り混じる。

ティーネイジャーになった息子には、サンタから卒業の手紙を。
要約すると、おまえもうおっきなったからええやろ、と。
朝、枕元にプレゼントがなくてちょっと寂しそうだったので、
かねてから買ってきてよと言われていた「どん兵衛鬼かき揚げ」を買って帰ったらたいそう喜ばれた。
ここ最近で見た一番の笑顔だった。

娘二人には合同で、ゲームとソフトをセットで。
次女(小2)はもう嬉しくて飛び回っている。
長女(小4)は、やっぱり…という顔でそれでも嬉しそうにしている。
母としては、モノをあげたと言うよりはコミュニティに参加する状態をあげた、つもり。
金額だけを見ていたら、そんな高価なモノを子どもに与えるもんじゃない、と思ってしまうけど、金額の大小が全てではないのだった。そうだった。
相変わらず所有権は父親で子ども達はゲームをする権利を手にする。

楽しい時間をみんなで過ごしてくれるならいいのかな。

支払いはカードなので、明細が来たときに慄くかもしれないモギコでした。

に投稿 コメントを残す

おかあサンタの悩み

こんにちは。モギコです。

そろそろ息子の欲しいものとおかあサンタのあげたいものが、合致しなくなってきた。
息子はひたすらにゲームを熱望。
おかあサンタはそのゲームを与えるなら、息子と一度きちんと話さなければならない、と思っていてサンタのプレゼント全然決まらない。
近日中にゲーム本体を買うことになりそうなので、おかあサンタ的おもしろプレゼントを選んだ。

娘たちはまだ朝のプレゼントキラキラして開ける。
中身よりも「ある」事で割と満足。ちょっと好きなものだと嬉しい。息子、欲しい!と思ったものじゃないので嬉しくない。

この、サンタ劇場も息子氏には今年で終わりだなぁと思った次第。

子どものキラキラのために、とは思うけど、なんでも良いわけではない。
親の思惑が当然はたらくし、サンタに頼めばなんでも欲しいものがもらえるわけではない。
そもそもお菓子もおもちゃも有り余るほどに持っていて、いろんなところでもらうので、特別感と言うのがあまりない。

子どもにとっての特別ってなんだろう?

金額がどうこうって言うより、なんかテキトーなおもちゃを買って、その一瞬間だけキラキラさせるのがクリスマスなのか?と思うと、どうしても買うことができなかったいくつかのもの。
自分が母になって、母の気持ちがよく分かる。

高学年にとってのクリスマスってなに?

自分なりの答えをきちんと持ててなかったことに反省。
必要なものは過不足なく買い与え、他になにを求めるんだろう?誕生日もあって、中学入学のお祝いもあって、クリスマスが入り込む余地がないんだけど。

欲しいのはあっちだろうなーと思いながら買うプレゼントは、私にとってももらう息子にとっても当然だけど辛かった。
クスッとして欲しかったんだけどね。

サンタの卒業をどうするか、今の悩み。

モギコでした。

に投稿 コメントを残す

冬のおひさまのありがたや

f:id:hanapeko8:20191219133431j:image

こんにちは、モギコです。

今年の冬は電気ナイナイ生活でスタートしました。
初めにキツイのくらっているんで、ちょっと天気が悪いくらいだと
どーーーーんと構えてられます。

冬場は本当にお日さまのありがたみを感じます。
発電もそこそこして晴れない日が1日くらいなら、1日で満充電まで回復します。
冬至が近いころは、昼の1時半ごろが一番陽がよく入ります。

これだけ入ってくると、室内の暖まり方がすごい。
日中はもちろん、夜も暖房なしで過ごせます。
日中家にいると障子を開けておけるので、これまたすごい。
昼から夜にかけて、何にもしなくても室温が20度位をキープします。

やっぱりお日さまの力は電気に変換するより、熱をダイレクトに使う方が効率がいい。
ヒートポンプをつかうエコキュートより、太陽熱温水器の方が熱の効率はいい。
電気をつくってエアコンで温めずとも
ダイレクトにお日さまを部屋に入れて温めたほうがよっぽどいい。

ありがたや~ありがたや~
と、拝みたいほど嬉しいです。実際二拝んでるというか
感謝をもっておひさまを眺めます。

なによりも、この陽ざしが差し込んでくるこの光景がたまらなく好き。
心の芯の部分がホワっと温かになるような気がします。

平日の休みの日に、一人でこの景色を見てるのが至福です。
窓が汚いのはご愛嬌。

モギコでした。

に投稿 コメントを残す

電気ナイナイ生活を経験して本当に必要なものを知る。

こんにちは、モギコです。

冬の始まりから一週間。
いきなり、電気ないない生活がスタートしました。

初めてストーブをつけてから、まあ晴れないこと。

f:id:hanapeko8:20191209154640j:plain

22日以降、一週間ほぼ晴れてません。

これだけ続くとさすがに電気がない
27日は朝起きたら、落ちてました。
26日からの冷え込みが原因でしょう。

あと2日。今回は長い。
暮らしのことを考えると、電力会社とまた繋がるか、悩ましいところです。
利便性の追求をどのレベルまでするか。

26日の晩からは冷蔵庫のコンセントを抜きました。
まあ、冬だし冷蔵庫そこまで温度下がりません。
冷凍庫は一晩休んだ程度ではほぼ溶けない。
ガスストーブを入れたので、本当にないと不便なのは夜の照明くらいです。
夜の照明が普通に使えないと、気持ちがすんごい堕ちます。

ない生活に慣れてくと、数々の『あると便利』に囲まれているのがよく分かります。
我が家の場合、予備電源としての契約もないので、ないならないで仕方ない、で受け入れるしかないんですが。
だからって、「ない」生活が続く事がどこまで受け入れられるかは、キャパがないなぁと思うのです。

朝、照明とwi-fiだけ復活させて一日の始まり。

つまるところ
・夜の照明
wifiスマホの充電
・適度な暖かさ
があれば冬場は何とかなることが分かりました。

f:id:hanapeko8:20191209154034j:image

息子はどんな極限状態においても早朝ゲーム(朝五時)をあきらめませんでした(笑)

モギコでした。