冬のおひさまのありがたや

f:id:hanapeko8:20191219133431j:image

こんにちは、モギコです。

今年の冬は電気ナイナイ生活でスタートしました。
初めにキツイのくらっているんで、ちょっと天気が悪いくらいだと
どーーーーんと構えてられます。

冬場は本当にお日さまのありがたみを感じます。
発電もそこそこして晴れない日が1日くらいなら、1日で満充電まで回復します。
冬至が近いころは、昼の1時半ごろが一番陽がよく入ります。

これだけ入ってくると、室内の暖まり方がすごい。
日中はもちろん、夜も暖房なしで過ごせます。
日中家にいると障子を開けておけるので、これまたすごい。
昼から夜にかけて、何にもしなくても室温が20度位をキープします。

やっぱりお日さまの力は電気に変換するより、熱をダイレクトに使う方が効率がいい。
ヒートポンプをつかうエコキュートより、太陽熱温水器の方が熱の効率はいい。
電気をつくってエアコンで温めずとも
ダイレクトにお日さまを部屋に入れて温めたほうがよっぽどいい。

ありがたや~ありがたや~
と、拝みたいほど嬉しいです。実際二拝んでるというか
感謝をもっておひさまを眺めます。

なによりも、この陽ざしが差し込んでくるこの光景がたまらなく好き。
心の芯の部分がホワっと温かになるような気がします。

平日の休みの日に、一人でこの景色を見てるのが至福です。
窓が汚いのはご愛嬌。

モギコでした。

電気ナイナイ生活を経験して本当に必要なものを知る。

こんにちは、モギコです。

冬の始まりから一週間。
いきなり、電気ないない生活がスタートしました。

初めてストーブをつけてから、まあ晴れないこと。

f:id:hanapeko8:20191209154640j:plain

22日以降、一週間ほぼ晴れてません。

これだけ続くとさすがに電気がない
27日は朝起きたら、落ちてました。
26日からの冷え込みが原因でしょう。

あと2日。今回は長い。
暮らしのことを考えると、電力会社とまた繋がるか、悩ましいところです。
利便性の追求をどのレベルまでするか。

26日の晩からは冷蔵庫のコンセントを抜きました。
まあ、冬だし冷蔵庫そこまで温度下がりません。
冷凍庫は一晩休んだ程度ではほぼ溶けない。
ガスストーブを入れたので、本当にないと不便なのは夜の照明くらいです。
夜の照明が普通に使えないと、気持ちがすんごい堕ちます。

ない生活に慣れてくと、数々の『あると便利』に囲まれているのがよく分かります。
我が家の場合、予備電源としての契約もないので、ないならないで仕方ない、で受け入れるしかないんですが。
だからって、「ない」生活が続く事がどこまで受け入れられるかは、キャパがないなぁと思うのです。

朝、照明とwi-fiだけ復活させて一日の始まり。

つまるところ
・夜の照明
wifiスマホの充電
・適度な暖かさ
があれば冬場は何とかなることが分かりました。

f:id:hanapeko8:20191209154034j:image

息子はどんな極限状態においても早朝ゲーム(朝五時)をあきらめませんでした(笑)

モギコでした。

冬の始まり

こんにちは、モギコです。
うかうかしているとあっという間に師走でした。

我が家の今年の冬の始まりは、11月22日(金)でした。
毎年、この頃が初暖房日。
日中天気が悪くて、部屋が温まらず夜に冷え込んできたので
ガスストーブでスタートです。

f:id:hanapeko8:20191206092142j:image

去年導入したガスストーブ。www.mogicolabo.com

電気を必要としないで暖を取れるので冬の電気ないない期には強い味方。
22日以降も天気が悪そうなので、他の電気は温存しています。
唯一、扇風機はセットで回しました。
ほわーんと家の中に温かい空気が回ります。

ちなみにある暖房器具は、
・温水式床暖房
石油ファンヒーター
・ガスストーブ
・エアコン(暖房で使ったことはない)

フグリッドの冬も3シーズン目です。
さてさて、この冬にいちばん活躍するのはどれでしょう。

今年も冬の始まりです!

モギコでした。

冬の対策

こんにちは、モギコです。
そろそろ春もそこまで来ています。
3度目の冬が終わりかけです。

1月の終わりで2年経ちました。
冬が正念場な独立電源生活。

冬に電気の負担をなるべく少なくしたい。でも冬は寒い。
昨シーズンから、電気が無くても使える暖房を考えていました。

ちなみに我が家の暖房器具
・温水式床暖房(電気も270W必要)
石油ファンヒーター(100V電源必要)
・エアコン(暖房器具として使ったことはない)
このようなものがあるのですが、どれも電気が必要。

ほんとに天気が悪くて、寒い日に使えない、という難点がありました。
電気がなくなっちゃうからね。
それだと本末転倒、というわけで
今年は暖房設備の強化をしました。

【対策その1:ガスストーブを導入】
ガスのみで動くストーブです。
熱源が見えるので、それ自体が熱を持ちます。床が結構暖かい。
ファンがないので暖かい空気は上に行ってしまいます。
空間全体を温めるには時間がかかるかも。
とはいえ、天板が熱源にできるのでお湯を沸かしたりなどもできます。
2月は半分くらい付けることがありました。
灯油の補充がないので、気軽に使えます。
後はガス代がどのくらいになるか、ですね。

f:id:hanapeko8:20190219141242j:image

【対策その2:小型のバッテリーを購入】
家全体のインバーターを取り替えたので、インバーターが1台余ってきました。
そんな訳で、念願のバッテリーを増強。
おおもとの所にはどう足していけばいいか検討が続くので
取りあえず小型のものを。
これが楽しい!

家のなかに独立電源システムができます。
電気富豪の日に家のコンセントから充電しておいて
電気が心もとない時に使います。

 

f:id:hanapeko8:20190306161339j:image f:id:hanapeko8:20190306161309j:image

持っていた石油ファンヒーターにつなぐと、家の電力が少なめでも使えます。
電池容量が1.3kwhほどなので、2~3時間ファンヒーターで使う分には充分。
朝の2時間と夜の3時間使えれば十分です。
ファンヒーターは部屋全体が温まりやすいのが最大のポイントです。
床暖房のオマケ的に使ってましたが、ほんとに電気が無くてもこのシステムで電源を確保できるのは心強い。

使った後、昼の間にまた充電しておけば夜には満充電になってます。

この小さな独立電源システムがワクワクが止まりません!
これ、つまりは持ち運べるのでどこでもコンセントなんです。
外でも使える。しばらくこれで遊んでみようと思います。

モギコでした。

冬の洗濯事情から見るパッシブデザインの家

こんにちは。モギコです。

 

洗濯の事から見た家の作りの話です。

我が家はパッシブデザインに基づいて作ってるって言う話を何度かしてますが。

パッシブデザインとは自然のエネルギーを生活に上手に取り入れて少ないエネルギーで快適に暮らすと言う設計手法です。

 

冬場洗濯物が乾きにくいと言う経験はあるかと思います。
我が家は引っ越してから洗濯物は室内で干すようになりました。
以前アパートに住んでいた頃は冬でもベランダに干していたのですが
越してからは戸建てなので外に干すのも不用心かと思い室内干しに切り替えました。

週末など時間のある時は外に干していたのですが
冬場に限って言うと室内に干している時の方が洗濯物の乾きが良い。

 

冬の我が家、晴れていると室内の方が気温が高くなります。暖房無くても18度くらいまで行きます。
冬場洗濯物が乾きにくいのは、乾燥はしているけれどもそもそもの気温が低いので空気中に放出できる水分量がとても少ないからです。
なので絶対的な空気中に含まれる水分量を多くしないことには洗濯物の水分が放出されない。
そう考えると、洗濯ものはより気温の高いところに干す方が効率が良いのではないかと。

 

パッシブデザインの家だと晴れていると、日中の太陽の熱を室内にためておけるようになります。
つまり外が寒くても室内はあたたまっていく。
そうなると冬の乾燥した空気の中で気温が上がると洗濯ものは当然乾きやすくなるわけです。

 

我が家は冬場でも室内干しですが、晴れていると夕方には洗濯物がパリッと乾いています。
もしかしたらもっと早い段階で乾いているかもしれませんが中家にいないのでいつのタイミングで乾いているのかわからないだけです。

ついでに言うと洗濯物の湿度が家の中に放出されて湿度もあがるので、体感温度は上がります。
なので冬の洗濯物は室内で乾かすほうがいろいろ効率が良いと思います。

部屋を暖める暖房も減らすことができる、洗濯物も良く乾く、といいことづくめ。

洗濯物を干しっぱなしにしておいても、くつろぎ空間には干渉しないので楽です。

モギコでした。

食洗機稼働!

こんにちは、モギコです。

1月の末にインバーターを取り替えて200Vが使えるようになりました。
夢の食洗機ライフです。
新居に入ってから2年越しです!やたーやたー!

2年よく待ったな、とも思いますがインバーターに関しては
すったもんだがありましてですね。

hanapeko8.hatenablog.com

何度か持ってきてもらって、持って帰ってもらったわけです。

今回こそは!と。
ただ、取替えたのが1月31日。
いよいよ食洗機!とウハウハではあるのですが
いかんせん、一番寒い時期です。
そして電気的にも安定しない。
家を出るときスイッチ入れて帰ってたら、システムダウン…
という事態は避けたかったので、家にいるときにテスト運転することに…。

運良く(?)子どもが体調悪くなってしまい、天気のいい平日にお休みができたので
その日にイソイソ。
まずは通電して電源が入ることを確認。

f:id:hanapeko8:20190225173309j:image

食器をポンポン入れていきます。
お天気も良く、電圧も58.0Vになったので、いざ!

およそ3時間くらい。
観察していると初めに電力がバーーーーーっと上がって、その後はそんなでもない。
初めの高温のお湯が出るタイミングと最後の乾燥のタイミングに気を付ければ大丈夫そうです。

洗い上がりはもちろん、バッチリ!
こびり付きは苦手なようです。
油汚れやソース系は高温でやるので手洗いよりむしろきれい。

食洗機、すごい!

他のことやってる間に食器洗いが終わってるのがすごい!
台所にいなくても食器が洗い終わるのすごい!

これまで超高級タオル欠けだったのが、ようやく日の目を見る事ができました。

かなり日も延びて、電気的に安定するようになってきました。
食洗機ライフ、始まります!

ちなみに、前回の不具合は
・電子レンジが使えない(使おうとするとインバーターが落ちる)
・消費電力表示が莫大になる
でした。

電子レンジはクリア。
消費電力の方はクリアできず。

次回に続く。

モギコでした。

《昨日の晩ごはん》
手羽と大根の煮込み、のはずが色々入れて結果おでんに。
・メカジキの刺身
松前漬け(つくりおき)
ブロッコリーの塩茹で

手羽と大根は前日から作っていたので楽でした。
手間貯金があるとゆっくりと日曜日をすごせます。

 

 

 

給湯器の凍結防止ヒーター 新たな発見…本当に省エネなのか?

こんにちは、モギコです。

今年も、あの雪だるま野郎に頭を悩まされております。
どの雪だるまかと言いますと、この雪だるまです。

 

給湯器の凍結防止ヒーターの動き。 – モギコの腹のなか

hanapeko8.hatenablog.com

 

給湯器に凍結防止ヒーターがついているのは理解していたのですが、
ハイブリッド給湯器の場合、なんと、なんと
熱源機と貯湯槽の両方に凍結防止ヒーターがついている
両方!両方ですよ!
熱源機の220wは致し方ない、と思っていたのですが(いや、それでもいやだけれども)
さらに貯湯槽の方にもついているのです。148wも働く、働きやがる。勝手に。
なので雪だるま点灯中は、220wではなく+148wで368wも電気を食うわけです。

こんなものが寒いからって稼働していると、夜間だけでも4.4kwhとか食われてしまうのです。まじか!
2kwhなら何とかしのげるか、と思っていましたが、倍になると太刀打ちできない。

4.4kwhというと一日の使用量の想定量に匹敵する。
という事は、なーんにもしなくて4kwh程度の生活が、8~9kwhクラスの生活になる訳ですよ。

1日に8kwh使う家って、つまりは1ヶ月で240kwh使う家で
電気代が8000円近くなっていて、かつ暖房は電気メインではなくてガスはまた別になっている家ですよ。
ちなみにオール電化の家は冬場1000kwh程度は普通に使うらしいです。恐ろしい…。
もちろん、住んでいる地域や家族構成、使い方にもよりますが、給湯のエネルギーも電気で賄うことを考えるとその程度いくだろうという量でもあります。

凍結防止ヒーターは外気温3℃で作動し、10℃を超えるまで止まりません。
観測していると外気温5℃でも、条件によっては作動します。
温暖と言われている銚子でも3℃を下回ることはあります。

ちなみに今年の1月の気象データ
f:id:hanapeko8:20190219151224j:plain

ほぼ毎日、凍結防止ヒーターが動いていると考えて良いです。
いくらエコキュートのエネルギー効率(COP)がよくても、凍結防止ヒーターが働くとどうなのよ?と疑わずにはおれません。
ヒーターにヒートポンプはついてないのでCOPは1.0です。外気の熱ロスを考えるとそれ以下。

ちなみに年間給湯効率はカタログ値だと3.2とかが多いです。
実測データは電力会社が出すものだと同等値、大学などの研究機関が出すと1.86程度だったという事もあります。(2007年6月に行われた資源学会研究発表会)

数値データはこうやってみて初めて信用度が計れるとも思っています。

んなわけで、曇り空だった昨日は
外気温3度では凍らないと判断して、寝る前にブレーカーから落としてやりましたよ。

外気温が氷点下になって(あんまりないけど)天気の悪い日はどうしようかなー。
と案じていたモギコでした。

小屋を断熱

こんにちは。ものすごいご無沙汰しています。モギコです。
何から始めようかと思っているうちに年が明けて2月も半ばです。

1月末に念願の小屋の断熱を行いました。
以前、インバーターが壊れてしまった時のつながりで
バッテリー屋さんとつながって、その方も含めてやりましたよ。

これはなかなか一人では腰が上がらない。
家の電気を一度おとして、バッテリーを全てバラす…。
これがなかなか取りかかれませんでした。

そこはさすが人手。
男性3人と非力ながら私がいれば、ぴゃぴゃ!でした。

バッテリーの下にスタイロ50mm
バッテリー周りは25mmを差し込んで固定。
上には25mmと50mmの端材で蓋。

 

f:id:hanapeko8:20190213170601j:image f:id:hanapeko8:20190213170555j:image
f:id:hanapeko8:20190213170545j:image  f:id:hanapeko8:20190213170550j:image

これで一応囲めました。
小屋全体を断熱することばかり考えていましたが
バッテリーのみを断熱するだけでも全然違います。
余ったスタイロを壁に立てかけて完了。
倉庫内も掃除できてスッキリしました!

これまで外気にさらされていたので、冬場は弱って弱ってかわいそうなくらいでした。
スタイロとバッテリーの間に手を差し込むとほんのり暖かいです。
これだけでも全然違うと思われます。

がんばっておくれよ、バッテリーちゃん。

バッテリー屋さんがついでにメンテナンスもしてくれました。
再生剤を入れるときのポイントも教えてもらってちょっと安心です。
これまで手探りで2年間やってきたのが、かなーり心強い!

ありがたや~。ありがたや~。

不便もあるけどオフグリッド楽しいです。
人とのつながりはどんどん増えて、必要なグリッドだけが周りにある感じです。

冬のさなか。でも陽が延びてきました。春はもうすぐそこですね。

モギコでした。

《昨日の晩ごはん》
・焼鳥とレバーカツ(居酒屋で購入。居酒屋の気分になれます)
・炒り豆腐
・わたりがにの味噌汁(苦みが出てしまいました)

寒い日は寒いです。

こんばんは、モギコです。

 

一気に冷え込みました。こんな日は寒いです。

家があたたかいからと言っても、冷え込むと寒くなります。

電気もないです。

 

帰宅時の室温が13℃。

電気もない、だが、寒い。さすがに寒くてどうにもこうにも…。

手っ取り早く効率よく温めるには!?

と考えて、

石油ファンヒーターを出しました。

 

電力消費に注目してると、起動時に200wくらい、落ち着いてくると100を切るようです。

気温が低いので相対的に消費電力が大きい。

二割り増しくらいです。

 

子どもたちは例によって暑い!とまた半袖になってました…。

ご飯を作ったり人がいることの発熱で家もジワリと温まります。

室温が18℃になった時点でファンヒーターと床暖房を切り替えました。

稼働時間はやはり90分程度です。

床暖房は肌に直に触れる部分なので室温が低くても体感温度が高いです。

床暖房も、余熱が小1時間あるので一旦あったまれば、就寝時間を逆算して消します。

使ったのは1時間ほどでした。

ご飯を食べて温まり、お風呂に入って温まり、寝る頃にはホカホカしてました。

 

明日も天気が悪いらしい、ただ気温は今日より上がるそうです。

ペカっと晴れて欲しい。

 

本日の発電量は5kwh。

使用電力は6.5kwh

 

冬です。簡易的にでも断熱しないとバッテリーが弱りますね。

 

モギコでした。

 

 

今日の晩ごはん

・モツ煮(オット作、大量に仕込んでくれました)

ヤリイカと大根の煮物

・柚子大根

 

野菜は大根のみでした。

 

家があたたかいと、モノが減る

こんにちは、モギコです。

家があたたかい話をしましたが、あたたかい家だと家の中にいるのが本当に楽です。
どの部屋もそれなりにあたたかい。寒くない、というのが近いでしょうか。
玄関もトイレも脱衣所もそんなに寒くならない。
これは楽です。

もちろん設備の力に頼って、家全体を暖かくする手もあるのですが
いえの保温力が弱いと、温めても温めても足りないので
どんどんあっためる必要があります。
こうなると家が温かくてもフトコロどんどん寒くなります。
常に光熱費を気にして暖房を使う生活は、室温が快適でも相対的にみるとストレスです。
(余談ですが、暖かい空気が逃げていくと暖房の温風が強くなってそれが不快になることもあります)

お金の話はさておき、あたたかい家とモノの量の話です。

 

家があったかいと、防寒対策のモノが家からなくなります。
たとえば半纏のような分厚い部屋着が要らなくなります。
床が冷たいからって使うスリッパやカーペットもいらない。
ひざ掛けや、足元用のヒーターもいらない。
布団も多く要らない。
我が家は通年で同じ布団。夏場だけタオルケット。私は夏も羽毛布団です。

 

こうなってくると家の中で管理するものが格段に減ります。
家の衣替えがほとんど必要なくなってくるのです。
我が家で季節で入れ替えるのは、扇風機と石油ファンヒーター程度です。
夏ふとんも冬ふとんも兼用しているので、入れ替えません。
冬用のあったかパッドなども必要ないので寝具は通年同じもの。

大物の管理がなくなると、ものすごい楽です。
しまう場所も必要なくなるので、その分家を有効に使う事ができます。

物が減るので、モノを管理する労力も減ります。
半纏や布団のクリーニングや保管からも解放されます。
スリッパの裏のほこり取りもなくなる、カーペットやラグの買い替えや
ホコリはたきしみ抜きなどもなくなります。
あのめんどくさいトイレのマットやスリッパのケアからも解放されます。

というわけで、日々の暮らしが楽になります。
こうして暮らしがどんどんシンプルになると、
「やらなければならない」ことが減って「やりたいこと」に時間を割けます。

「しない」と「やる必要がない」では大きく違います。

しなくても家がきちんと回る工夫、いろいろとつながります。
基本的にズボラなので、最低限の労力で家がきちんと回る工夫に力を入れます。

モギコでした。

《昨日の晩ごはん》
・豚肩ロースの焼き肉(カラフル野菜とサンチュ付)
・厚揚げと小松菜の煮物(昨日ののこり)
・柚子大根(つくりおき)
なめこと豆腐の味噌汁

昨日は帰りが遅くなったうえに、家の食材(タンパク質)が乏しい!
と思っていたら、オットが食べたかったようで肉となめこを購入してきました。
メニューを考えなくて済むのも楽でいいです。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 住まいブログへ