に投稿 コメントを残す

大型連休は出かけずに、好きな家事に没頭する。その1

こんにちは、モギコです。

今年のゴールデンウィークは超大型連休!で世間は盛り上がってましたね。
我が家は、泊まりで出かけることはせず、ちょっと長いお休みを堪能しました。

家事が嫌い、と言ってますが
「やりたくない家事」が嫌いなだけで、家が整っていくことは好きなのです。
長い休みは、大掛かりな家事には最適。
ずっと家にいれるので、じっくり取り組める。
とは言え、子どもたちもいるので中断しながらにはなりますが。

普段は会社へ行って仕事をしますので
なかなか家の事をじっくりできないのです。
日常を回すのに精いっぱい。
普段の休日は、自分の休養と楽しい計画を入れるのみ。
こういう長い休みはまとまった家事ができるので嬉しい。
やりたいことをやっているので楽しいです。

やったこと、その1
デスクスペースの組み替え。
下の娘が小学校に上がり、子どものアイテムが変わってきました。
年度替わりは生活に慣れるのにいっぱいいっぱいで家を整える余裕はない。なかった。
そこは無理せずに、後回しにしておきました。

それをこの休みにまとめてやりました。

f:id:hanapeko8:20190523105617j:image
このスペースのゴチャゴチャを

f:id:hanapeko8:20190523105610j:image
一旦全部出して

f:id:hanapeko8:20190523105620j:image
組なおし。

f:id:hanapeko8:20190523105606j:image
この足元の高さを一つあげました。これがポイントで

f:id:hanapeko8:20190523105614j:image
ルンバが入っていける!
棚の下にホコリや細々したものが溜まっていくのがずっと気になっていて
それが解消できてスッキリ!

この棚は、結婚した時にまとめて買ってずっと組みなおして使っています。
実家にあったのは、もっともっと前に買ったもの。

新しい何かを購入することも検討しましたが
今あるものが使いやすく、汎用性が高い、家じゅうこのモジュールで動いている
という事で、現状のモノを補充することで納めました。

実家に余っていた無印のパイン棚。送料をかけて送ってもらいました。
以前の型のモノでもう売ってないのです。
棚の高さの調整が現行品よりかなり細かくできるのです。

ちなみに、元あった低い方の製品はクローゼットルームに持って行って組みなおしました。
床置きになってたものが、棚に乗せられるようになって
これまたスッキリしました。

一度やってしまえば、日々がうまく回るようになります。
こういうことを考えてやってみるのは楽しいです。
そして、大がかりな仕掛けを一つやってスッキリすると
脳内が片付けモードになって勢いがつくので、
連休の後もちょこちょこ合間を見つけて片づけるようになります。

気持ちのいい家で過ごすと、自分自身もきちんとリセットされて
家が『安心とくつろぎ』の場になってるなーとヒシヒシ感じます。

ハッピー!って思って笑ってる時間を増やしたいのです。

モギコでした。

《昨日の晩ごはん》
・鶏ハム
・冷やしトマト
・小松菜とエリンギの塩蒸し

に投稿 コメントを残す

名もなき家事を減らす工夫 その3

こんにちは、モギコです。
私自身が「楽しい」と思える時間を増やしたいと常々考えています。

さて、楽しくない時間=「やんなきゃー!」と追われている時間を占める
家事時間。
家事のすべてが楽しくないのではなく、メンドクサイ!と感じることが楽しくない。
そのメンドクサイの大半を占める『名もなき家事』を紐解いています。

30項目のうち、20から30を見てみます。

21.子どもの学校準備、勉強を見る
→やる。
そもそもこういった子どものケアにかかわる時間を作っていきたいと思っています。
自分のことは自分で、がきちんと身につくように
学習でつまづいた時や日々の出来事などに目を凝らし、
寄り添えるようにするために、他の家事を減らしたいのです。
横にべったり張り付くわけではありません。すべてをやってあげるのではありません。
子どもたちの成長に合わせて、アシストできればと思います。

22.ペット、植物の世話
→やる。
ペットはいません。植物の世話は好きです。
庭いじりが楽しくて仕方ない。室内にも鉢が一つあります。
草花を整えていくのは楽しいです。
GWには庭木を植えてました!楽しいことを腰を据えてやりたい。


23.使い切ったティッシュの交換
→やる。
ちなみにティッシュはキッチンに一つ、洗面台に一つ。
後はオットの寝室に一つ、のみです。
キッチンと洗面所のみ、なくなっていたら補充しています。

24.古くなった照明の交換
→まだ必要ない。
新居になって2年。照明器具がすべてLEDです。10年は持つと言われてます。
まだ交換していません。ちなみに交換は業者さんになります。
交換時期にきたら、業者の手配は私がやりそうです。

25.ポストに入っていた不要なチラシの処分
→やる。
見た瞬間にする。

26.朝カーテンを開け、夜カーテンを閉める
→やる?
カーテンがありません。代わりに障子です。
LDKの障子のみ、私がやります。外出時以外開けっ放し(春夏秋)なので
私が出勤前に閉めていきます。夜は帰宅後開けます。
外からは見えないので、窓から外が見えて気持ちいいです。
カーテンがいらない家づくりをしました。この辺は、家をつくるときによくよく検討しました。

27.子どもとの会話

→やる。
21と同じく、むしろここを大事にしたいがために他を省きたい。
なかなか一人一人にゆっくり向き合えないのがもどかしいです。
もっと余裕を持ちたい。

 

f:id:hanapeko8:20190515115503j:image

28.家電製品の選定・購入・設置
→やる。
家具もふくめて家を整えているのがほぼ私なので。
家具の配置換えなんかは楽しくやってます。
子どもの成長に合わせて、暮らしの変化に合わせて変えていきます。
今は家電の買い替えの必要より、むしろ処分の方が多いです。
不要なモノ、使わないモノを処分して、よりシンプルに暮らしたい。

29.朝刊、夕刊を取りに行く
→やらない。
新聞を取っていないので。

30.使った道具を元に戻す
→やる。
私が使ったものを私が元に戻すのは当然です。
家族それぞれがこれをやると、シュフのやることは激減します。

今回は、私が「やりたいこと」も多く含まれていました。
義務感だけでやる家仕事は基本楽しくないです。
楽しくい時間が増えると毎日がつまらなくなる。

名もなき家事に限らず、やりたくない家事はやらなくていいと思うのです。
やらなくても家がきちんと回る工夫を考える方が楽しいです。
暮らしの仕組みを見直すと、やらなくていいことっていくらでもできてきます。

そしたらやりたいことどんどんやれます。
やりたいことは苦しくても楽しいのです。達成感があったりやってるその行為が楽しかったり。

楽しいことを諦めないために、時間はつくるもの。生み出すものです。

モギコでした。

《昨日の晩ごはん》
釜玉うどん
私のみです。出張だったのでオットと子どもたちは外食でした。
自分だけの分だと本当に楽。一人分も2人分も同じ、というのはあれは間違いです。
ちなみに美味しいうどんと、美味しいたまごと美味しいだし醤油、美味しい海苔があればこれはごちそう。
安心できる食材があると日々のごはんも楽です。
コンビニに行かなかった私を褒めてあげたい!

に投稿 コメントを残す

家事が嫌い

こんにちは、モギコです。

息子がこの春6年生になります。
身体も大きくなってきて、家のこともよくやってくれるようになりました。

んで、家族でいるときにそんな話になって
息子のことを「役に立つようになった」と言ったのです。

それを聞いたオットがですね私に対して
「家事がきらいだよね」
と、批判めいた?感じで言った訳であります。
ちょっとカチンときたんですけども。

家事をメンドクサイと思ったことは何度もありまして
やらないでいたことも多々あるのです。
それで、ハタと立ち止まって考えてみたら
私は家事が嫌いなんです。どう考えても嫌いなんです。

すべてが嫌というのではなく
家を回すためにとどまることなくやり続けなければならない
ってのが嫌なんですね。

料理は好きです。違うな。
美味しいものを食べるのが好き。なんです。
その為の手間暇は厭わない。
でも、仕事で遅くなったりして帰宅が遅くなって
今日は手軽にごはんにしたいってときに「家族に一刻も早く食べさせるために」する料理は楽しくないのです。
外食すれば…とも思いますが、外食ってそんなに時間が短縮されない。
かつ、子どもたちはそういうテキトーな外食を嫌う…。
(これは選択肢が少ないというのが大きいです。)
ありがたいことなんですけどね。

同じように、きれいな部屋にいるのは好きなんです。
でもそのために毎日床を隅々まで磨き上げるとかはできません。

hanapeko8.hatenablog.com

フグリッドして独立電源で電力自給してます、って言うと
米ぬかで床を磨いて、洗濯は手洗いで、掃除はほうきで…って
そんな人になってることがありますが、全然そんなことないです。

家事はいかにして手を抜くか。というか不要な手間を掛けないか。

家事は嫌いだけど暮らしのクオリティは妥協したくない。
その為にいろいろ仕組みを工夫しているのだな、と思います。
仕事と家事とどっちが面白いかって言ったら、どう考えても仕事です。
仕事も5年経ってかなり、いやめちゃくちゃ面白いんです。

仕事の時間や自分の時間を確保するためにも、ちょうどいい家事を見極める必要はあります。

仕事柄ひと段落したモギコでした。

に投稿 コメントを残す

ルンバが来て思った「家事に協力する」ってこと

こんにちは、基本的にズボラです。モギコです。

帰宅するたびにルンバの様子を見ています。
たまに基地に戻っていないことがあり、どこかで困っています。
そんなときはルンバの捜索から始まります。
動きがちょっとかわいいです。

毎日帰宅すると家がだいたいきれいなので気持ちがいいです。

我が家は私もオットもフルタイムで外で働いています。
家事はほぼ私、という状況です。
以前は『家事がほぼ私』ということがかなりストレスだったのですが
今はもう「やらない人」と思うようにしています。
なので、「やってくれない」ことへのストレスは減りました。
家事負担は変わりませんが。

今回、ルンバが来たことで、私の負担は格段に減りました。
オットが「やらない」ことに変わりはありませんが
私もやらずに済むようになったので、そのストレスも減りました。

いやいや渋々家事をするより、やらなくて済むならやらなくていい。
『夫婦で協力してやっていくべきだ』ガーガー
ってなってるより、二人とも負担が減る仕組みを考えればいいんだ、と改めて。

その辺り、家事負担に対する割り切り方は欧米の生活は合理的です。(知らんけど)
食洗機や乾燥機能のある洗濯機などの導入は、あちらの方がかなり先でした。

『ていねいに暮らす』
という事が、なにも毎日米ぬかで床を磨くことではないと思います。
家の細々したことを全部やろうとするから、ストレスになる。
それは『ていねいな暮らし』という幻想にとらわれていたんだな、と気づきました。

心地いい暮らしのために、「すべきこと」に着眼すると多分身がもたない。
「どういう状態でいたいか」を考えることで、そのための方法は複数あることに気づきます。

スッキリと片付いた部屋で暮らしたい。
掃除はあんまりしたくない。

この二つは一見すると矛盾していますが、同時に叶えるの方法がある。
毎日ちゃんと掃除しなきゃ!しなきゃ!となっていると
おそらくスッキリ片付いた部屋で私は疲れ果てている…。

家がどんどん汚くなっていくのに嫌気がさして、家事サービスの検討をしたこともあります。
オットは他の人を家にいれるのに抵抗があったようで実現しませんでした。

できることの妥協点をお互い見つけていく。
家族での暮らしなので、みんなが気持ちよく暮らせるように。
ここでも「我慢と忍耐は長続きしない」なので嫌なことは極力やらない。

新しいアイテムを導入することで、不具合が解決することもあります。
ルンバは決して安い買い物ではないけど、総合的にみるとアリでした。

モギコでした。

《昨日の晩ごはん》
・新玉ネギと卵と豚肉の炒め物(オット子どもで完食されてしまいました)
・ソラマメ(お姑さんから大量にもらいました)
・冷やしトマト

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 住まいブログへ

に投稿 コメントを残す

大人の遠足 〜玉ちゃんと高田さんと寺田さんとたくさんの人々と〜

こんばんは、モギコです。
現在18:19ですがそれなりにできあがっております。
できあがる…即ちいい具合にヘベレケです。
平日なのに。平日なのに‼️

今日かねてから楽しみにしていた大人の遠足に行きました。
金玉村の玉蔵さんと高田造園の高田さんと寺田本家の寺田さんがコラボするという
夢のようなツアーです。

 

f:id:hanapeko8:20180221064028j:image

 

この御三方は、それぞれが各々の分野で楽しくって明るい未来
永続的な仕組みの過去と現在と未来を繋ぐいまを生きる方たちなのです。
過去から譲り受けた現在を未来に送るバトンとして愛をもっていまを整備する人たちです。

8時前に子どもたち送り届けて、電車に乗るって大変だけど、仕事を溜まってる中で休んで参加するって心も引けたけど
それ以上に参加する価値がめちゃくちゃある!
そう思って参加しました。

 

行ってよかった!の一言に尽きる大人の遠足。

中央に管理されない仮想通貨。管理されないってことは依存しない。
これは投資目的でない地域通貨の発展につながる。
地域通貨が発展すると経済が滞るって言うけど
本当にそうかな?成長って何?発展って何?
そこの根本のところの認識違ってない?

地域通貨でエリアのインフラサービス整えば最強じゃないかと思うのです。
食とエネルギーとインフラは地域で独立する。
依存するから不自由になる。
もっともっとっ必要かも?ってなってしまう。
それが『吸い上げ』の仕組みらしい。
働けど働けど我が暮らし楽にならず…は
労働の価値を円に換算してしまうから。
働くことで私は何を得たいのか、そこら辺クリアにして生き直す必要がありそうです。

そんな貨幣価値の話から、共有の話になって、共存にたどり着く遠足。

 

この世界には知らないことだらけで、誰もが無自覚に何かに生かされてる。
今を生きる私たちは、ながーいながーい地球という生命体の中で
ほんのちょっとおじゃましているだけなので
人類の発展とか、社会の発展とか、技術の進歩とか
そんなことを追い求めているバヤイではないのでした。

自然の流れを、時間、空気、水の流れを感じ取って、
命の繋がりをぜーんぶ受け入れて、その中の1つだって思って動けば
自ずと調和してリンクして、無理しなくてもいい流れと共に進むことができるようになる。

 

まだまだやりたい事たくさんあるし、ここでとどまってるのもったいない!
ちょっとずつでも、これがいい!と思うことをやってみて蛇行しながらでも
ええ感じに進んで行きたい。
無理をするのは1つのことにとらわれすぎるから。
一つのことに固執せずにマルチに生きること。
そしたら必要なものは、また繋がる。

いやなことはやめていいのだ。我慢と忍耐は楽しくない。
人生は短い。楽しい、と思える瞬間が多い方が絶対にいい。

 

f:id:hanapeko8:20180221064113j:image

こんなしぼりたての純米酒を味わうことより大切なことなんてあんまりないのだ。

いろんなことが頭の上からドババババーーーーっと降り注いできたような
そんな日でした。

 

まとまらないけど、遠足日記。

モギコでした。

 

今日の晩ごはん
・きりたんぽ
 オットの実家に助けてもらったおかげで行けた遠足。
 家族の夜ごはんも面倒見てくれました。
 子どもたちはカレーライス。
 きりたんぽはお姑さんの故郷のもの。比内鶏だしがめちゃうま。
 お舅さんとお姑さんには本当に感謝してやまない。ありがとう。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 住まいブログへ