電気ナイナイ生活を経験して本当に必要なものを知る。

こんにちは、モギコです。

冬の始まりから一週間。
いきなり、電気ないない生活がスタートしました。

初めてストーブをつけてから、まあ晴れないこと。

f:id:hanapeko8:20191209154640j:plain

22日以降、一週間ほぼ晴れてません。

これだけ続くとさすがに電気がない
27日は朝起きたら、落ちてました。
26日からの冷え込みが原因でしょう。

あと2日。今回は長い。
暮らしのことを考えると、電力会社とまた繋がるか、悩ましいところです。
利便性の追求をどのレベルまでするか。

26日の晩からは冷蔵庫のコンセントを抜きました。
まあ、冬だし冷蔵庫そこまで温度下がりません。
冷凍庫は一晩休んだ程度ではほぼ溶けない。
ガスストーブを入れたので、本当にないと不便なのは夜の照明くらいです。
夜の照明が普通に使えないと、気持ちがすんごい堕ちます。

ない生活に慣れてくと、数々の『あると便利』に囲まれているのがよく分かります。
我が家の場合、予備電源としての契約もないので、ないならないで仕方ない、で受け入れるしかないんですが。
だからって、「ない」生活が続く事がどこまで受け入れられるかは、キャパがないなぁと思うのです。

朝、照明とwi-fiだけ復活させて一日の始まり。

つまるところ
・夜の照明
wifiスマホの充電
・適度な暖かさ
があれば冬場は何とかなることが分かりました。

f:id:hanapeko8:20191209154034j:image

息子はどんな極限状態においても早朝ゲーム(朝五時)をあきらめませんでした(笑)

モギコでした。