逢いたい人には会えるタイミングで会いに行く

f:id:hanapeko8:20191030112829j:image

こんにちは、モギコです。
夏から秋にかけて盛りだくさんでした。

だいたいその時期はブログが止まるという事が自分を見て分かりました。

さて、先月弾丸で一人で帰省してきました。
学生時代にお世話になったお稽古ごとの先生が喜寿を迎えられ
現旧社中含めてのお祝いの会が開かれたのです。

学生時代の事なので、もう20年くらいたってます。
先生には数年前に一度会いにいってますが
一緒にお稽古してた方々とは、関西を離れてからほとんどあってませんでした。

この10月、めちゃめちゃ忙しかったんだけど
土曜日でとりあえずひと段落。残り仕事もありましたが
それもほったらかして、行ってきました。
仕事以上に優先することがある、という感じです。

喜寿を祝うという事は、次のお祝いはどうなるか分からない
とここ最近よく思います。
いつか、そのうち、はイザってときにはもう遅かったりもする。

お葬式に行って義理を果たす気になるよりも
お祝いの席で元気な姿を見てちゃんと祝いたい。

普段は帰省したら旧友と一日遊ぶのですが
今回は弾丸だったこともあり、実家で親子三人水入らずでご飯を食べました。
こんな時間も10年以上ぶり。
子どももなしで大人の会話と食事を楽しみました。

両親も舅も姑も、ふと気づけば年老いています。
いつまでも元気でいてほしいけど、この時間は永遠じゃない。
「いつか」じゃなくて、今、この時を慈しむの大事。

モギコでした。

《帰省の晩ごはん》
・すき焼き 大好きな実家の味。甘辛肉としみしみの大根。牛肉は関西だなぁ。